カーライフ|車の魅力徹底ガイド

カーライフを快適に、車の魅力、新車情報、購入、売却、買取、自動車保険などマイカーのある生活を楽しむための情報サイト

*

※本サイトは、プロモーション、広告を含みます。

車検を知れば車検を安くする方法がわかる

   

自動車を保有すれば公道を走るためには絶対に必要な車検、新車購入後、乗用車なら3年、次からは2年毎に車検を受けなければいけないですね!

日本には、車検制度があり、一定期間ごとに自動車が安全に走行できるための検査があります。この検査に合格しないと公道を走行する事ができません。

この車検制度は、自動車を安全に走行できるための検査ですので、自ずと交換する部品が出てきたり、車検を受けるための手続きなどの費用が必要で、車種やその車の年式、モデルにもよりますが、10万円~20万円前後必要だと言われています。

軽自動車と普通車では、自動車重量税などが異なるので金額に差が出ますが、2年に一度、10万円近い出費が掛かると言えます。

自動車の車検ってどのような費用の内訳なのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

法的費用(必ず必要な費用)

  • 自賠責保険(17540円)
  • 重量税  (6600円~)
  • 印紙代  (1600円)

車検業者に支払う費用

  • 車検基本料
  • 検査費用
  • 交換パーツ、交換費用

上記の費用が自動車の車検には必要です。

特に法的費用は、どのような車検の受け方でも必要な費用です。

逆に車検業者に支払う費用は、業者によって異なることもある費用で、車検を自分自身で受ける場合は、節約できる費用です。

 

自動車検査、車検を普通に受けた場合

自動車の車検は、ディーラーや自動車修理工場、ガソリンスタンドや最近では車検専門店などがあります。

自動車の購入先のディーラーで車検もお願いする人は多いと思います。最近のディーラー車検は、定期検査やオイル交換等のパックなどアフターケアも充実していることから後々まで安心して自動車ライフができることから人気があります。

次は、知り合いや近所の自動車修理などを行う車検対応の工場です。以前は、自動車ディーラーなどの車検もこのような自動車修理工場に出していたことからも車検の検査を受ける事自体、安心できると思います。

ただ、最近は、ディーラーも自身の店舗で車検は行うようになっているのでディーラー車検も以前よりは、リーズナブルになっていると言われています。

ディーラーで車検を受けた際の金額を知りたいですが、ディーラーに寄って違いがありますし、どの程度の整備をするかにもよりますが、基本的な金額を概算しました。

ディーラーで車検を受けた際の費用とメリット

1000cc~2000ccの自動車の場合、10万円~

法定費用(43430円~51630円)

になるようです。

ディーラーで車検を受けるメリット

  • 車検後の保証が受けられる
  • 部品の交換は純正部品で安心
  • 車へのアドバイスなども受けられる

自動車修理工場などで車検を受けた際の費用とメリット

1000cc~2000ccの自動車の場合 6万円~

自動車修理工場などで車検を受けるメリット

  • 予算に合わせて安く車検を受けられる
  • 純正部品の他、その他の部品も選べる
  • 身近なサービスが受けられる

ガソリンスタンドや車検サービスで車検を受けた際の費用とメリット

1000cc~2000ccの自動車の場合 5万円~

法定費用に手数料1万円程度プラスした金額

ガソリンスタンド、車検サービスで車検を受けるメリット

  • 費用は最低限の金額で済む
  • 交換する部品も最低限にすることができる
  • 普段より整備されている車ならこのサービスでも

車検を安くすると整備、交換部品の費用を抑えることになるので、自動車の安全性、故障のリスクが増えることは理解が必要です。

自動車の車検とは、2年に1度、しっかりと整備をして安全に走行するための法制だと言えます。ただ、最近の自動車の性能、耐久性は高く、車検の整備でほとんど交換するパーツがないことも多く、ディーラー車検よりも車検サービスなどの車検でも十分なケースもあるのが事実です。

自身のカーライフに合わせた車検の受け方が重要で、年間何万キロも走行する方と1万キロも走行しない方では、整備も違ってくるので使用に合わせた車検というのもありかと思います。

年式や程度、走行距離などで、車検での交換部品、消耗品は違ってくるので一概に車検料金は言えませんが、普通に車検を受けた際のおおよその金額になっています。

ここでは、車検の金額に焦点を合わせた視点で書きました。

 

車検を業者に頼まず、自分で受ける方法とメリット、デメリット

自動車の車検は、業者に頼んで受けることが当たり前と思われていますが、実は、何の資格もなくても車検を自分で受けることが可能なことはあまり知られていないかもしれません。

最近は、いろいろな情報をネットから知ることができるので、自分で車検を受ける方も増加していますが、手間や安全性などを考えると業者に依頼が妥当かもしれません。

しかし、車検代を究極に安くしたいのであれば、自分で車検受けるのが一番だと言えます。

では、自動車の車検を自分で受けるのはどうすればよいのでしょうか?

軽自動車以外の普通車は、管轄の陸運局で車検を受けることになります。車検に必要な書類と法定費用で車検を受けることができますが、車検ですので車両の検査があります。この検査に合格しないと車検を通すことができないのは当たり前のことです。ですので、業者の場合は、前もって車検で指摘されるようなパーツの交換をしています。

自分で車検を受ける場合は、車検で指摘される、車検が通らない不具合等がわかりにくいという面があり、実際、陸運局で車検が通らないということも起こり得ます。

手間を掛けて陸運局に出向いても1回で車検を合格できないこともあります。また初めての方に多いのが書類の不備です。慣れた方でも車検の書類の不備があるほどですから初めて自分で車検を受ける方は、書類の不備で、車両の検査まで行けないこともあります。

このように、自分で車検を受けて安くしようとしても実際、陸運局に2回、3回と行く羽目になることもあり、何していることかわからないということも起こり得ます。

何度も車検のために陸運局に行くことになれば、実際の金額が安くなっても手間暇の料金を考えると損なような気もするのではないでしょうか?

また、車検の車両検査で自分では交換できないパーツの不備があれば、結局業者に交換する羽目にもなりかねません。

業者に頼まず、個人で車検を受けるメリット

  • 車検を極限まで安くできる
  • マイカーのことが詳しくなる
  • 車検の仕組みを知ることができる

車検を個人で受けるデメリット

  • しっかりとした整備ができない
  • 手間の時間の割に金額が安くなった気がしない
  • 陸運局の手続きで不備があると何度も足を運ぶことになる

個人で車検を受けると断然、車検代の節約にはなりますが、簡素な整備で次の車検、2年後までマイカーを乗ることになるので、安全面や不具合等の不安が残ると言えます。

自動車の詳しい方ならまだしも、日頃からあまり点検をしない方は、2年ごとの車検でしっかりと整備することをおすすめします。業者の頼んで車検を受けることです。

逆に自動車のことが詳しく、普段より点検や簡単なパーツの交換ができる方は、自分で車検を受けて安く車検を通すということも良いと思います。

自動車の整備は、命のも関わることですので、目先の金額で整備を怠ることで他人にも迷惑をかけるということも起こり得ます。

そのあたりもよくお考えの上、自分にあった法定車検の方法を選びましょう!

Follow me!

おすすめ車買取一括サービス

カーセンサー.net簡単ネット査定

リクルートグループが運営する中古車販売サイトのカーセンサーが運営する車買取一括査定サイトのカーセンサーネット車査定
大手車買取チェーンや中古車販売店、地域密着の中古車販売店など提携業社数は業界トップクラスです。
また、1度の登録で最大10社の査定依頼ができるなど愛車の売却が有利になります。
一括査定の競争入札で、あなたの大事に乗ってこられた愛車を納得価格でお売りください。

MOTA車査定

車の一括査定サイトとしては後発組で、MOTA車査定の特徴としてはオークション形式で査定価格が提示される新しい車査定サービスです。
車一括査定で不満が多い登録後の電話での問い合わせも最小限でストレス無く利用できる点はおすすめです。
業者間で買取価格を自動的に競ってくれるので最高額の査定価格の業者と交渉できる点もMOTAの魅力です。
あなたの愛車が、人気車種ならズバット車買取比較での査定依頼がおすすめです。

ズバット車買取比較

中古車買取一括査定サービスの中でも利用者の満足度も高く高値の査定が出やすいのがズバット車買取比較

スバット車買取比較の魅力は、提携業者の豊富さです。全国150社以上の提携業者の中からあなたの車を探している業者を探す事が出来るサービスです。
特に中古車市場で人気車種の買取査定では、実績が豊富で高値買取が期待出来ます。

 - カーライフ, 車検, 車購入

PAGE TOP